ワイヤレスの防犯カメラを室内に設置して防犯を強化

男の人

部屋になじむ防犯機器

パソコン

一人暮らしは何かと物騒な面も考えられるので、ネットワークカメラを設置して防犯対策を行ないましょう。ネットワークカメラは非常にコンパクトなサイズの商品が多く、机や棚などのちょっとしたスペースに設置が可能となっています。また、スマホやパソコンなどと連動させると、定期的に撮影した映像や画像を送信してくれます。このような機能を持ち合わせたネットワークカメラを設置すれば、防犯対策の強化にもつながりますし、ペットやお子さんの留守を見守ることもできます。

ネットワークカメラはセンサー感知により、映像や画像の撮影を行ないます。撮影範囲内に変化があった場合は、連動したスマホやパソコンに送信するシステムとなっています。動画の容量は少ないので、簡易的な映像となりますが、それでも1秒間に5コマの画像撮影が行なえます。一連の動きを把握するには十分な枚数だと言えます。

ネットワークカメラの機能は、警報スイッチの解除を遠隔操作でも行なえます。留守の際警報がなって、近所迷惑になる前に、スマホから操作ができるので安心です。インターネット回線が接続されている機器であれば、遠隔で操作が可能になるので一家に一台は設置したい防犯対策グッズだと言えます。

室内にネットワークカメラを設置する場合にはコツがあります。まず死角になる場所への設置がオススメなので、室内を確認して死角を探しだしてみましょう。撮影範囲に障害物がある場合はずらしておきましょう。