ワイヤレスの防犯カメラを室内に設置して防犯を強化

男の人

ダミーと混在して設置する

監視カメラ

防犯対策の強化には、多少費用がかかります。気になる箇所全てに防犯カメラを設置してしまうと、費用もかさんでしまいます。設置費用を少しでも抑えたい場合は、通常の防犯カメラと合わせて、ダミーカメラを設置すると良いでしょう。カメラの中には、ダミーと呼ばれるタイプの商品も販売されており、防犯対策に役立っています。配線の接続が難しい死角でも、ダミーカメラを設置するだけで外部からの侵入者を威嚇することができます。ダミーカメラは、通常の防犯カメラと同じような形にデザインされているので、判断されることもほとんどありません。また、設置する箇所が高い壁や天井であれば、まずダミーだと判断されることはないでしょう。

防犯カメラと合わせてダミーカメラを設置するなら、設置箇所の判断が大事になってきます。撮影したい場所には通常の防犯カメラを設置して、記録をしっかり残し目立つ箇所にダミーカメラを設置しましょう。ダミーは威嚇用として役立つので、多くの人が確認できる箇所に設置した方が防犯性が高まります。

防犯カメラの価格は、商品の性能によって異なりますが、だみーカメラはおおよそ、1万円から2万円前後で購入することができます。配線工事も必要ないので、商品を購入して自分で設置することも可能です。設置費用を安く抑えながらも、防犯対策を行なうことが可能なので、自宅やオフィスなど気になる場所には、カメラを設置してもしもの時に備えておきましょう。